働きやすく快適なオフィスを作ろう!

企業の拠点として、オフィスなど働く場所はとても大切な場所です。用途や費用にあったところを選んで、必要な設備を用意しましょう。起業初期で費用が少なかったり、どんな設備を用意して良いかわからない場合は、レンタルオフィスや居抜き物件のような、設備とオフィスデスクなどの備品がすでに揃っていて手軽に仕事がスタートできる場所を利用するのがおすすめです。専門の業者などが物件紹介から売却のことまでサポートやアドバイスを送ってくれるので頼りにするといいでしょう。オフィスワークの仕事や接客・サービス業などによって求める物件は違うと思うので、理想のオフィスやお店などを見つけて、働きやすい快適な仕事場にしていってください。

普通の机とどう違う?オフィスデスクの4つの特徴

オフィス

長時間の作業に向いている

オフィスデスクは人間工学に基づいて設計で作られています。作業にあった高さなどを考慮しているので、長い時間仕事をしていても疲れることはありません。毎日の仕事に使用するオフィスの机に欠かせない特徴と言えます。

作業しやすい大きさに作られてる

オフィスデスクは一般的に1200㎜×700㎜のサイズで、デスクトップのパソコンや必要な仕事用品を置いても、作業するスペースがしっかりと残されている作りになっているものが多いです。中には小さいサイズやさらに大きいサイズを販売してるメーカーもあるため、仕事内容にあったサイズを選択しましょう。

種類が豊富で作業にあったものを見つけられる

オフィスデスクは、収納スペース・作業スペースともに広い両袖机や、複数の人が共同で利用するためミーティングなどに使えるフリーアドレスデスクなど、豊富な種類のものが作られているため、作業内容にあったものを選び、使いやすいオフィスにすることができます。

利便性・安全性を考慮した機能がついている

オフィスデスクの多くには、さまざまな機能が備え付けられています。引き出しの開閉をロックするラッチ機構、デスクトップパソコンの本体部分を机の下に収納するCPUホルダー、さらにどんな人でも使いやすいように天板の高さが調節できる機能が備わっているものもあります。

人数やスペースに合わせて選ぼう

多くの種類があるオフィスデスクを選ぶ際に大切なのは、必要な数とそれを配置するスペースをしっかりと確認することです。パソコンやオフィス用品を置くことが多いオフィスデスクは、通常の机よりも大きい傾向にあり、デザインや機能性だけで選んでしまうと、必要な数を購入したときにオフィスに入りきらないということにもなりかねません。何人が利用するのか、オフィスを快適に使うためにはどれくらいのスペースまで利用できるのか、事前に確認するようにしましょう。

あると嬉しい!レンタルオフィスで人気の設備TOP3

男女
no.1

貸し会議室

オフィスで仕事をする際に欠かせないのが会議室です。レンタルオフィスを利用する場合は、事前に予約すれば会議室もレンタルすることができます。予約方法や会議室の形態は業者によって異なるため、契約の際にしっかりと確認するようにしましょう。

no.2

セキュリティ設備

大切な情報などを扱う場合が多いため、しっかりとしたセキュリティ設備が重要になります。レンタルオフィスはセキュリティ会社と契約し安全を確保しているところが多いため、安心して利用できます。

no.3

空調・換気設備

空調や換気の設備が万全でないと、集中力が低下してしまったり、客を呼んだときに会社のイメージが悪くなってしまったりしかねません。夏も冬も快適に働けるように、これらの設備がしっかりと備わっているオフィスを選びましょう。

借りる前にチェックしておくべきこと【レンタルオフィスの設備内容】

オフィス

レンタルオフィスの賢い選び方

レンタルオフィスは多くの種類があり、内容も契約会社によって異なりますが、大切なのは仕事内容にあったオフィスであるかどうかと立地条件です。仕事内容に必要な設備がそろっていなければ、自分たちで用意しなければならなくなり、費用がかさんでしまいます。オフィスに必要な設備を仕事内容から事前に把握し、確認するようにしてください。また、駅から遠いオフィスも避けましょう。あまりに遠いと通勤に時間がかかってしまう上に、訪問しにくく印象の低下につながってしまいます。さらに、駅の近くといっても、あまりに小さい駅に近い場所を選んでしまうと交通手段が限られてしまい、利用しにくいオフィスとなってしまうため渋谷などの大きな駅を選ぶようにしましょう。

[PR]
居抜き売却の売却を成功させよう
評判の高い業者へ相談すべし!

[PR]
オフィスデザイン業者をカンタン比較♪
サービス内容が確認しやすい☆